キャンプや魚釣り等、自然との触れ合いを中心とした情報を紹介するブログです。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ北部九州も梅雨明けし、子供達は夏休みに突入!!海へ、川へ、山へ遊びに行く時期です。我が家も現在、夏休み期間中に2箇所のキャンプ場を予約しています。子供達の習い事(スポーツ大会)のスケジュールもはっきりしておりませんので、確実に行けるかどうかはまだわかりませんが・・・・子供達同様に私も楽しみにしております。

さて、今回はキャンプ道具の紹介です。ある程度キャンプ道具がそろってきているので、新たに買い足すことはあまりないのですが、愛用していた電池式ランタン「Rayovac(レイオバック)」が壊れてしまい、同タイプのランタンがなくなってしまったので、購入することにしました。 Rayovac(レイオバック)は約1年半で使えなくなってしまいました。大変明るく、電池もちもそこそこで、気に入っていたのですが、2500円程度の商品でしたので、耐久性はこんなものなのでしょうか。同商品を購入することも考えたのですが、せっかくですので別の商品を選択しました。
今回購入したのは、GENTOS(ジェントス) エクスプローラー EX-757MSという商品です。2,552円(税別 送料込)で購入しました。
757ms1.jpg

明るさ150ルーメン、実用点灯20時間、防滴構造、単3アルカリ電池4本で使えます。私的には、この単3でよいというところがポイント高いです。
757ms2.jpg

中身はこんな感じです。2500円程度の商品なのにストラップにフック、テスト用電池まで付いており、とてもありがたいです。
757ms3.jpg

本体です。ちょっと不思議な形にも思えますが、持ってよし、置いてよし、吊るしてよしと、とても多機能で便利です。
757ms6.jpg

本体底の部分から電池を入れます。電池については、カタログ上、エネループ使用可能となっています。ちなみに我が家はEVOLTAなのですが、問題ないく使用できました。
757ms4.jpg

底部分にはフックが付けれますので、吊るして使用することが可能です。もちろんフックを外せば床等に置いて使うことも可能です。フックを付けたままでも置けないことはありませんが、ちょっと不安定です。
757ms5.jpg

本体認識表示灯が付いており、一定時間ごとに点滅してくれるので、真っ暗な場所で探すときに役立ちます。
757ms7.jpg

先端部分には「つまみ」があり、ライトの向きを変えることができます。手に持ったり、吊るしたり、用途に応じて使い分けます。150ルーメンという明るさは、当然ながら以前使っていた200ルーメンのライトよりは劣りますが、十分な明るさです。電池のもちも満足しています。いつもは枕元で読書する際に使用していますが、ちょうどよい感じです。先日夜釣りで初めて使用しましたが、その明るさは手元を照らすには問題ありませんが、周辺を広く照らすには頼りない感じでした。
757ms9.jpg
757ms11.jpg

まだ購入して1ヶ月ほどですが、満足度はこれまで購入したライトの中でも1、2を争います。この価格にしてこの内容、満足しない人はいないのでは?大げさかもしれませんが、それぐらい素晴らしい商品だと思います。気になるのは耐久性ですが、そこさえ問題なければ、もし壊れたとしても再購入するかもしれません。それぐらい気に入っています。キャンプ場デビューが待ち遠しいです。
とてもお勧めの商品ですので、ライトの購入をご検討中の方、検討の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

【気に入っている点】
・多機能
・単3電池で使える
・充電式電池も使えました(EVOLTA)
・コンパクト

【改善して欲しい点】
・見当たりません

【総合評価】 ※5つ星評価
 デザイン:★★★★★
 機能性:★★★★★
 お得感:★★★★★
 お勧め度:★★★★★



【2014/08/01 22:07】 | キャンプ道具(ライティング)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。