FC2ブログ
キャンプや魚釣り等、自然との触れ合いを中心とした情報を紹介するブログです。



2012年8月3、4日で能古島のキャンプ村に行ってきましたので紹介したいと思います。

この日は普通に仕事だったのですが、夕方ごろに妻から4日(土)の長女の習い事が休みになったとの連絡がありました。そこで急遽、能古島へ泊まりにいくことが決定。急いで仕事を終わらせて家に帰りました。
宿泊と海水浴の準備をし、19時頃家を出ると、途中外食し、フェリー乗り場に着いたのは21時前でした。いきなり決まった能古島での宿泊、ちょっと不安もありましたが、なんとかなるだろうと21時の便の船に乗り込みました。
noko1.jpg
noko2.jpg

今回宿泊したのは、能古島キャンプ村です。スタッフの方は当日の予約、しかも遅い到着にも丁寧に対応してくださいました。能古島に到着すると車で迎えにきてくれていて、キャンプ村まで送ってくれました。
noko3.jpg

受付を済ませ、テントを張ります。キャンプ場内の外灯があり、真っ暗な状態ではなかったので、そこまで苦労せずにテントを建て、無事寝れる準備ができました。写真は朝撮影したものです。サイトは砂が多いのでペグのささりは緩かったですが、それほど風も強くなく無事夜を明かすことができました。ちなみに夜は布団なしで大丈夫でした。夜は星もきれいでしたよ~。ちなみにテントサイトのすぐ目の前はビーチです。
noko4.jpg

ここからはキャンプ場内の紹介です。ヤシの木が植えてあり、南国の雰囲気です。写真は朝撮影したものですが、泊りがけの大学生と思われる団体さんがいました。
noko5.jpg

ビーチはこんな感じです。まさに南国といった感じです。ヤシの木にブランコがぶらさげてあり、子供達はこれにかなりハマっていました(写真3枚目)。
noko6.jpg
noko7.jpg
noko14.jpg

トイレと炊事棟です。トイレは洋式もありました。トイレに蟹がいたのにはびっくり。もう少し清潔感のある感じだったらうれしいですね。今回夕食は食べてきたし、朝食も弁当持参できたので、炊事棟は利用していません。それから有料ですが冷蔵庫を使用することができます。これはとてもありがたいです。
noko8.jpg
noko10.jpg

下の写真はシャワーです。温水でなければ無料です。今の季節は温水を利用することもないでしょう。気軽に利用できるのがうれしいですね。
noko11.jpg

子供たちは朝7時に起きると軽めの朝食を済まし、早速海で遊んでいました。海の水はそこまできれいとは思いませんでしたが、貸切状態で海水浴を楽しむことができました。こちらの海は遠浅ではなく、大人の私でも少し沖の方へ歩くとすぐに足がつかなくなるような感じでした。小さなお子様は注意しましょう!
その後、暑くなってきたので10時前にはこちらのキャンプ村を出ました。
noko12.jpg
noko13.jpg

キャンプ村の後、そのまま家に帰ることも考えたのですが、まだ10時ぐらいだったので、そのままアイランドパークへ向かうことに。そこまではキャンプ村の方が車で運んでくれました。アイランドパークについては次回報告したいと思います。
さて、今回の能古島キャンプ村については、事前リサーチもほとんどない状態での利用でしたが、スタッフさんの対応もよく気持ちよく利用することができました。たまたま今回は大学生と思われる団体利用者がいたため、夜も騒がしい状態で、私達のような家族連れにはその点が残念でした。しかし、今の時期、このキャンプ村ははいつもこんなものかもしれませんね。南国のこの雰囲気の中、若者たちが夜はしゃぐのも十分理解できます。
今回、私達が午前10時ぐらいに帰る頃、別の家族がテントを立てて今から海水浴というような状況でした。しかし、今の時期、本当に暑いです。日が沈んだ夜でも暑いぐらいですから。特に小さなお子様連れには、このビーチで1日過ごすのはかなりきついのではないかなと感じました。
私たちは無計画な初めての能古島キャンプ村利用でしたが、夜到着→朝7時から海水浴→10時には撤収という内容は結果としてよかったのかなと思いました。
十分に満喫できましたが、やはりファミリー向けというよりは、団体、若者やカップルの利用がメインのキャンプ村という印象です。
お値段も家族5人で2,900円とお得でしたし、近場で南国の雰囲気の味わえるお勧めのキャンプ場だと思います。

清潔度:★★★ トイレがもう少し清潔感のある感じだったらうれしいです。
自然度:★★★ テントサイトの目の前がビーチになっています。海の生き物はあまり見かけなかったです。 
快適さ:★★★★ 有料でも冷蔵庫があるのはうれしいです。飲食関係もそろっています。暑いのは仕方ないです。
周囲の施設:★★★★ アイランドパークがあります。カップル、家族連れ共に楽しめると思います。
家族連れに:★★ 団体、若者向けだと思います。海水浴が目的ならもっと良い場所はあると思います。
総合評価:★★★ 若者達の評価は異なるかもしれませんが・・・・。スタッフさんの対応はよかったですよ。

能古島キャンプ村・海水浴場
http://www.nokonoshima.com/mura1.html

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【2012/08/07 20:59】 | キャンプ場レポート(福岡)
トラックバック(0) |
2010年8月21日、22日の1泊2日で福岡県八女市にある夢たちばなビレッジキャンプ場を利用してきましたのでレポートします。子供の夏休み最後のキャンプとなります。1ヵ月程前に予約し、当日を迎えました。このキャンプ場は鮎のつかみ取りが体験できるというのが目玉で、子供たちも楽しみにしておりました。
福岡県内ということで、高速で八女ICまで行き、途中食材を買い、道に迷うことなく到着しました。

こちらがキャンプ場入口、途中道案内も出ていますし、細い山道のようなところも通りませんから安心です。
yume30.jpg

2日間とも快晴で雨が降ることはありませんでした。
yume45.jpg

まずはチェックインです。チェックイン開始のちょうど14時ぐらいに到着しました。管理棟はビレッジゾーンと呼ばれるエリアにあります。大きな建物の1階が受付で女性のスタッフさんが丁寧に対応してくれました。料金はオートキャンプ1区画5,000円です。ごみ袋を購入すれば300円かかりますが、基本的にこれ以外に出費することはありません。入村料や入浴料も取られません。
ちなみにこの建物は、グループでの合宿や研修に使える多目的宿泊施設になっているそうです。実際多くの宿泊者がいたようです。当然建物内は空調もきいており、涼しいです。写真は1枚目が正面入口、3枚目が建物裏の入口部分です。
yume14.jpg
yume13.jpg
yume32.jpg

ごみ袋を300円で購入すれば、ごみは引き取ってくれます。缶やビン類も分別して捨てれるようになっています。
yume5.jpg

オートキャンプサイトは全部で12区画、今回は1番のサイトを利用することになりました。他のサイトに比べると炊事棟へは離れていますが(歩いて1、2分)、管理棟(トイレ、お風呂)、川の入口、遊具も近く悪い場所ではなかったと思います。サイトには電源コンセントが用意されており、車1台に、テント、タープを建てても余裕がありました。サイトそばには木もありますが、毛虫を見かけることもありましたし、蚊もけっこういましたので、利用の際は虫よけ、虫さされ対策をしていくことをお勧めします。
yume38.jpg
yume18.jpg
yume19.jpg

1番サイトのすぐそばにあった滑り台。子供たちは少し時間があればここで遊んでいました。
yume44.jpg

設営が終わった3時ぐらい、放送が入り、今から鮎のつかみ取りを開始するとのこと。子供たちは川へ急ぎました。広告ではプールでも行うようなことが記載されておりましたが、今回は川のみで行われたようです。大百合野川という足首ぐらいの深さしかない川に、たくさんの鮎が放たれました。
しかし、鮎の素早いこと。子供たちはなかなか捕まえることができません。最初は様子を見ていた私も途中参戦し、2匹をゲットし、子供たちも大喜びです。残念ながら、捕まえた鮎の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、塩焼きして美味しくいただきました。
yume2.jpg
yume3.jpg
yume27.jpg

鮎のつかみ取りの後は、川遊びの開始です。本当に浅い川ですので、泳いだりすることはできません。したがって浮き輪も不要です。なので、泳ぐのを目的だとちょっと残念なことになると思います。しかし、この川で驚きなのが沢ガニがたくさんいること。よっぽど環境がよいのか、多くの沢ガニを見つけることができました。この点については、今まで行った川の中でも一番と言ってよいでしょう。
yume6.jpg
yume11.jpg
yume7.jpg
yume9.jpg

川ではたくさんのトンボも見かけました。写真はイトトンボかな。ちなみにキャンプ2日目早朝からカブトムシやクワガタを探しに行ったのですが、残念ながら見つけられませんでした。管理人はさんは時々飛んでくるんだけど・・・って言ってました。残念。
yume10.jpg

サイト風景です。週末ということもあり、家族連れでいっぱいでした。
yume41.jpg
yume21.jpg

こちらは炊事棟。とても清潔でたいへん使いやすかったです。隅の方には足洗い場のようなものもありました。
yume16.jpg
yume25.jpg
yume26.jpg
yume40.jpg

こちらはトイレです。オートキャンプゾーンの一番奥にあります。水洗で清潔でした。大のほうは和式ですが、障害者トイレもあり、洋式ですので、和式に慣れない子供たちも安心です。また管理棟内1階にもトイレがありますので、利用できます。こちらも障害者用トイレがあります。
yume15.jpg

管理棟前の広場ゾーンです。デイキャンプなのか、研修等で宿泊に来ているのかわかりませんが、団体での利用も多かったようです。
yume28.jpg

自然もいっぱいで、設備も整ったキャンプ場でした。
yume33.jpg
yume22.jpg
yume23.jpg
yume1.jpg


簡単でしたがキャンプ場レポートいかがでしたでしょうか。
今回こちらのキャンプ場は初めての利用でしたが、設備も整っていますし、初心者でも楽しめるキャンプ場だと思いました。トータルで考えて、出費が少ないのも魅力的です。また、鮎のつかみ取りという、他のキャンプ場では行っていないイベントもあり楽しめました。しかし、この鮎のつかみ取りは小学生低学年では厳しい気がします。けっこう難しいです。
それと今回は夏真っ盛りの時期の利用でしたが、このキャンプ場は標高も高くないのか、夜中でもかなり暑かったです。たまたま今回電源が使用できるとのことで、小型の扇風機を持参していたのですが、夜寝る際も回しっぱなしでした。蚊も多かったですし、もし次利用するなら、もっと涼しい時期だなと思いました(6月ならホタルウォッチングもできるそうです。)あと団体さんも多いので、そのあたり注意した方がよいかもしれません。今回夜8時ぐらいにお風呂に行ったのですが、団体(小学生10名程度)で利用しており、マナーも最悪で、気分の悪い思いをしました。
2日目の朝、子供はまた川にサワガニを採りに出かけていましたが、それ以外にこれという子供が遊べるスポットもなく、2泊する必要はないような気がしました(やぎ園は使用できなくなっていました)。
帰りは少し足をのばし、熊本県荒尾市の「ウルトラマンランド」によって帰りました。こちらもかなり楽しんで帰り、充実した1泊2日の旅となりました。

レポート内容については、記憶に基づき書いておりますが、誤りがあるかもしれません。ご利用の際には、ぜひご自身で確認の上、利用してください。

清潔度:★★★★ サイトが芝生だったらもっとよかったです。
自然度:★★★★ 山の中っていう感じではなかったけど、鮎とカニはよかった。
快適さ:★★★ お風呂がもっと大きければよかった
周囲の施設:★★★ 特に「これ」というものはなかったような気がします。
家族連れに:★★★★ 管理棟もしっかりしてます。
総合評価:★★★ 今度利用するなら、6月のホタルの時期に来ます。



【2010/08/30 02:30】 | キャンプ場レポート(福岡)
トラックバック(0) |